愛育病院

医療情報

▼現在のページ:トップページ > 医療情報 >受付、会計窓口によくある問い合わせ

受付、会計窓口によくある問い合わせ

検査費用(当院で行われる代表的な検査)

主な検査の費用は、概算表(PDF)でご確認くださ い。

クレジットカードでのお支い

当院ではクレジットカードによるお支払いが可能です。
※利用可能カードはJCB・VISA・Master・AMERICAN EXPRESSです。

入院費用のご精算について

入院中の医療費は月末締めで計算します。翌月10日前後に事務職員が直接病室へ請求書をお届けしますので、請求後7日以内に1階会計窓口でご精算ください。 お支払いの時間は、平日は9時から17時まで、土曜日は9時から12時までです。退院日は、当日中にご精算ください。日曜・祝日・年末年始は後日ご精算ください。

保険証がない場合の受診について

当日は10割負担でお支払いしていただきます。後日(受診した月の月末まで)保険証を持参していただくと、そ の場で差額を返金いたします。翌月以降は、ご自身で保険者に手続きをしていただくと、後日銀行口座に差額が払い戻されます。

高額療養費制度」のご利用について
 〜事前に限度額適用認定証、限度額適用・標準負担額減額認定証を取得することをお勧めします〜

医療費がひと月で一定額(自己負担限度額)を超えた場合に、その超えた金額が払い戻される「高額療養費制度」という公的制度がございます。医療機関の会計窓口での支払いの事後に、各保険者へ申請を行って払い戻しを受けることができますが、一時的にせよ多額の費用を立て替えることになるため、経済的に大きな負担となります。
 そこで、高額な医療費がかかることが分かっている場合には前もって、加入している保険者から「限度額適用認定証」を取得することをお勧めいたします。「限度額適用認定証」を医療機関へ提示することによって、窓口での支払を自己負担限度額までにすることができます(食事負担金や、病衣・個室代等の保険適用とならない費用は別途お支払いが必要です)。「限度額適用認定証」は、各健康保険者へ申請手続きをするとその場で発行されます。
 また高額療養費制度は、各保険医療機関(入院・外来別)、保険調剤薬局等でそれぞれ別の取扱いとなります。
 詳細については参考資料(PDF)をご参照ください。

特定医療費(指定難病)受給者証について

「特定医療費(指定難病)受給者証」は難病の患者に対する医療費等に関する法律に指定されている疾病の証明証であり、医療費助成を受けることができます。
  病名が該当する場合は医師と相談の上申請し、道や市町村の審査を受け、認定されます。 継続更新の場合は、有効期限より3ヶ月前くらいから市町村役所より更新の案内が届きますので、当院受付窓口へお申し出ください。
 手続きに必要な臨床調査個人票の発行は無料ですが、郵送を希望の場合は別途送料をご負担いただきます。

診察券の再発行について

診察券を紛失した際は、再発行料108円をいただきます。但し、磁気不良の場合は無料で交換いたします。

ATMについて

当院に銀行ATMはございません。

駐車場について

当院の駐車場は地下1階にございます(高さ制限2.1mまで)。 地下駐車場ご利用の方の駐車料金は次の通りです。

外来患者さま 面会される方

無料

※1階会計窓口での認証が必要。

2時間まで100円
以降1時間毎に100円

※入院中の患者さまに付き添う目的で札幌市外の方に限り1泊500円。(届出が必要)
 入院の患者さまの駐車は原則お断りしています。 ただし、特別な事情がある場合で札幌市外在住の方に限り、1泊500円にて駐車できます。 希望される場合は、ナースステーションへお申し出ください。

ご不明な点は窓口までお尋ねください。

↑ このページのトップへ