愛育病院

医療情報

▼現在のページ:トップページ > 受診ガイド >「高額療養費制度」のご利用について

高額療養費制度」のご利用について

高額療養費制度」のご利用について
 〜事前に限度額適用認定証、限度額適用・標準負担額減額認定証を取得することをお勧めします〜

医療費がひと月で一定額(自己負担限度額)を超えた場合に、その超えた金額が払い戻される「高額療養費制度」という公的制度がございます。医療機関の会計窓口での支払いの事後に、各保険者へ申請を行って払い戻しを受けることができますが、一時的にせよ多額の費用を立て替えることになるため、経済的に大きな負担となります。
 そこで、高額な医療費がかかることが分かっている場合には前もって、加入している保険者から「限度額適用認定証」を取得することをお勧めいたします。「限度額適用認定証」を医療機関へ提示することによって、窓口での支払を自己負担限度額までにすることができます(食事負担金や、病衣・個室代等の保険適用とならない費用は別途お支払いが必要です)。「限度額適用認定証」は、各健康保険者へ申請手続きをするとその場で発行されます。
 また高額療養費制度は、各保険医療機関(入院・外来別)、保険調剤薬局等でそれぞれ別の取扱いとなります。

 詳細については下記(PDF)をご参照ください。

高額療養費制度のご案内(69歳以下のかた)

高額療養費制度のご案内(70歳以上のかた)

 

↑ このページのトップへ