愛育病院

病院からのお知らせ

▼現在のページ:トップページ > 新型コロナウィルス対策

新型コロナウィルス感染症に対する当院の対策について

札幌市内を含め全国レベルで、新型コロナウィルス感染症に対する警戒を継続する必要があります。直近の発生状況を含む各種情報につきましては、札幌市のホームページなどをご参照いただけましたら幸いです。
 当院では、外来・入院診療共に、院内感染を引き起こす事のないように徹底して対策を継続してまいります。

疑わしい症状のある方は下記へご相談ください。

「救急安心センターさっぽろ」:電話番号 #7119 又は 011-272-7119

札幌市のHP

厚労省のHP

 

 

外来・病棟における院内感染対策

  • 新型コロナウィルス感染症(疑い)の方と接触したなど本症の疑いがある患者さまについては、来院前に、まず保健所などへの連絡相談をお願いしております。
  • 外来では、患者さまへの問診や体温測定により本症の疑いに関してリスク判断を行っております。もし疑いのある場合には、一旦適切な隔離室・隔離スペースにおける待機をお願いしております。
  • 受付・会計においては、ビニールカーテンを設置、職員はマスク・ゴーグル着用などを適切に行いながら対応させて頂いております。
  • 面会に関しては、流行状況や国自治体の宣言などに鑑みながら、「面会制限」「面会禁止」の対応とさせていただいております。

職員から患者さまへの院内感染を防ぐための対策

当院では、職員から患者さまへの院内感染を防ぐために、以下のような厳重な対策を実施しております。

  • 院内感染防止対策委員スタッフを中心に、感染防御の重要性を全職員が認識し徹底した取り組みを行っております。
  • マスク着用に加えて、手指衛生や個人防護具の着脱を、適切なタイミングと方法で行うための指導を行い、実施状況をモニタリングしております。
  • 全ての職員や関係者に対し、風邪症状、咳、発熱の有無を各部門の責任者が確認するなど健康チェックを行っています。有症状者に対しては適切な対策を講じています。

皆さまのご理解、ご協力をお願い申し上げます。

↑ このページのトップへ