愛育病院

診療科のご案内

▼現在のページ:トップページ > 診療科・医療センター・部門のご案内 消化器内科> 潰瘍性大腸炎治療GCAPについて

潰瘍性大腸炎治療 〜血球成分除去療法(顆粒球吸着療法:GCAP)について〜

当院では、潰瘍性大腸炎の顆粒球吸着療法「GCAP」を行っています。

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎はなんらかの原因により、白血球から炎症にかかわるさまざまな物質が放出され、それらが腸に炎症をおこすと考えられています。

潰瘍性大腸炎の治療法
  • 薬剤療法
  • 手術療法
  • 血球成分除去療法(GCAP)
血球成分除去療法(顆粒球吸着療法:GCAP)

GCAP療法は血液の一部を体の外へ連続的に取り出し、白血球の中の特に顆粒球・単球を選択的に除去する医療機器(カラム)に通し、その後血液を体内に戻します。

治療時間は1時間程度で、外来または入院のどちらでも受けることができます。詳しいお問い合わせは、お電話(内科外来)またはe-mailでお願いいたします。

GCAPについてのホームページ

▼こちらをご覧下さい。
JIMROホームページ 顆粒球吸着療法ガイドブック

↑ このページのトップへ