愛育病院

各医療センターのご案内

▼現在のページ:トップページ > 各医療センターのご案内 > 内視鏡センター

内視鏡センター

ごあいさつ

胃がんや大腸がんは、早期の段階で発見することによりほとんど方が治る病気です。そのためには積極的に胃カメラ、大腸カメラを受けていただく必要があります。しかしながら胃カメラや大腸カメラは、こわい、大変、つらいなどのイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。当院内視鏡センターでは、患者さまにやさしい苦痛のない内視鏡検査をモットーに日々診療にあたっております。胃カメラは負担が少ない経鼻内視鏡を積極的に用い、大腸カメラも鎮痛剤、鎮静剤を使用して痛みのない検査を心がけております。また先進的な内視鏡治療にも積極的に取り組んでいます。

 当院のスローガンは「地域の皆さまに心から愛され、信頼される病院」です。内視鏡検査についてのご質問等があれば、些細な事でもかまいませんのでご相談いただきたいと思っています。


内視鏡センター長のご紹介

加藤 貴司 (かとう たかし)
役職 内視鏡センター長
専門・得意分野 消化器内科一般(特に消化管疾患)
出身大学 札幌医科大学(平成7年卒)
主な勤務施設

北海道消化器科病院
市立稚内病院

学会認定 日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・支部評議員
日本消化管学会胃腸科専門医・認定医・指導医
日本カプセル内視鏡学会認定医
日本核医学会PET核医学認定医
その他

医学博士

↑ このページのトップへ