愛育病院


診療科のご案内

▼現在のページ:トップページ > 診療科・部門のご案内 > 小児科

小児科

概要

一般的な小児疾患全般、ワクチンデビューから学童に至るまでに必要な予防接種全てに対応できます。さらに専門領域として、小児腎臓病疾患にも幅広く対応できます。北海道大学病院およびその主要関連施設を中心に、一般小児医療、専門医療に携わった経験を最大限に生かして、愚直に日々の診療にあたる事をモットーにしています。

特徴

1.一般小児疾患
 かぜ、気管支炎、肺炎、嘔吐下痢、ぜんそくをはじめとするアレルギー疾患など多様な子どもの病気に対応できます。点滴や入院治療も対応可能です。前日の夜から具合のわるい方は、ぜひ朝一番の外来を受診してください。

2.予防接種
 予防医療は、これからの医療の基本中の基本です。当科では、月曜から金曜までワクチン外来枠 (水曜午後は予防接種専門)を設けて、多彩な接種プログラムに対応できます。今後の接種予定づくりもお手伝いさせていただきます。

3.小児腎臓病疾患
 学校検尿異常やネフローゼ症候群をはじめとする子どもの腎臓病全般に関して、全国レベルの経験があります。患者様や医療機関からの予約、セカンドオピニオンなども受け付けています。

診療・入院実績

短期入院も受け入れて、お子さまがご家族と共に、早く平穏な日常に戻られる様にお手伝いさせていただいています。平成28年度の入院疾患は以下の通りです。 発熱性疾患、気管支炎、肺炎、嘔吐下痢症、脱水症、尿路感染症、気管支喘息 腎臓病 (ネフローゼ症候群、紫斑病性腎炎、慢性糸球体腎炎)

当科の強み

1.キーワードは愛育:
 元気に走り回るこどもたちの姿は、活力ある地域の源です。当科では、医療人として初心を忘れることなく、 札幌円山地区にあるこの病院の伝統ある愛育の名にもとづいて、こどもたちの健康を守り維持するための努力を スタッフと共におこなってまいります。
 予防接種、感染症、アレルギーをはじめとする一般的な小児疾患や、ネフローゼ などの小児腎臓疾患に取り組んでいきます。周囲の医療機関との連携を大切にしながら、地区の基幹病院としての役割を 担っていきたいと思います。

2.わかりやすい情報提供:
 小児診療の基本は、よくお話を聞くこと、そして、わかりやすく説明することです。当科では、こどもの健康のための小冊子、『Aiiku News for Kids(愛育 こどものための健康お役立ちメモ)』を定期発行しています(監修 佐々木聡)。手作りですが、ホームページなどでは語り尽くせない最新情報がいっぱいです。小児科外来カウンターに置いていますので、ご自由にお取りください

3.豊富なネットワーク:
 担当医は、北海道大学病院、道内主要都市の関連病院における豊富な臨床経験を有し、密なネットワークがあります。円山周辺の医療機関の諸先生方とのコミュニケーションにも努めながら、Patient First (患者第一)に取り組みます。

小児科 診療日表  医師:佐々木 聡  

 
午前
9:00〜
一般外来
一般外来 一般外来
一般外来 一般外来 一般外来
午後
13:00〜
14:00
慢性外来/
ワクチン外来
慢性外来/
ワクチン外来
ワクチン
専門外来
慢性外来/
ワクチン外来
慢性外来/
ワクチン外来
14:00〜17:00
一般外来 一般外来 一般外来 一般外来

(注)休診・代診となる場合がございます。各診療科外来 休診・代診一覧(随時更新中)も併せてご覧ください。


※「ワクチン専門外来」「慢性外来/ワクチン外来」の時間帯は、緊急の場合を除き該当の患者様以外は受付できません。ご理解のほどお願い申し上げます。

※ワクチン・慢性疾患の患者様で、専門外来枠以外の時間に受診された場合の待合については、こちらの指示にしたがっていただくようお願い申し上げます。

※前日から発熱などの症状がある方は、なるべく午前中早めの外来を受診するようにしてください。


小児科医師紹介

■佐々木 聡 (ささき さとし)
  出身大学 北海道大学医学部(昭和61年卒)
  主な勤務施設 北大病院小児科
函館中央病院
市立旭川病院
ミネソタ州立大学小児腎臓病学部門
  学会認定 日本小児科学会小児科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医
  その他 医学博士
■Satoshi Sasaki, MD, PhD
Education:
・Hokkaido University Graduate School of Medicine, Japan
Fellowship for research:
・ University of Minnesota Medical School, Minnesota, USA

↑ このページのトップへ